最後は、浜揚げ作業。

1月~2月ごろ、貝を引き揚げ、真珠を取り出します。
(第4章)WAKANA真珠のできるまで ~養殖から浜揚げまで 写真
何故、冬に浜揚げするか。

というと、寒い時期に行うことで
きめの細かい真珠層が形成し
テリができるそうです。

さて、ココからが重要です。

真珠には、当年物(とうねんもの)と
越物(こしもの)というものがあります。


当年物は7~9ヶ月の養殖期間の真珠。
越物は14~22ヶ月の養殖期間の真珠。


越物の方が、当年物に比べて、養殖期間が2倍になるので
真珠層の厚い、巻きの厚い真珠ができます。


2年も寝かすので、倍の大きな漁場が必要となり、
手間とコストがかかります。


WAKANA真珠は、
越物(こしもの)のみを使用。


多くの真珠が当年物を使っているのに、越物を使っています。

なぜ手間とコストをかけて2倍も長く寝かせるのか?

それは、美しい真珠にこだわり、
巻きの厚い真珠を作っているのです。


美しい真珠をとどけるという
理念がすばらしい!!
(第4章)WAKANA真珠のできるまで ~養殖から浜揚げまで 写真
そして、とれたての真珠。


美しい!!
顔を近づけると顔が真珠にくっきり映ります!!

ちなみに、稚貝から母貝まで育てて、
その母貝で真珠の養殖をするという一貫生産をしているのは、
日本ではココだけとのこと。


稚貝から母貝に育てるのに2年(3年の場合もある)
真珠の養殖に越物で2年


最低4年間もかかっているとは
ほんとうに時間をかけてできているのだなと
実感しました!!


◇ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◇
名古屋で結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージリング)、
ジュエリーのことならジュエラーイケダへご相談ください。
宝石・貴金属 池田商店
【住所】〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-5-13
【TEL】052-221-7411
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】火曜日
【ジュエリーショップ】http://www.ikeda-shouten.co.jp/
【ジュエリーリフォーム】http://www.ikeda-shouten.net/
◇ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◇