【MONNICKENDAMモニッケンダム】FR4614/ゴージャスなパヴェリング!

メレダイヤをちりばめたパヴェリング。
パフェとは、フランス語で石畳のこと。
石畳のようなダイヤモンドを敷きつめたことから
そう呼ばれました。
ダイヤモンドをセンターに、という定番には
こだわらず、婚約指輪としても人気があります。

ブランド 【MONNICKENDAM モニッケンダム】MONNICKENDAM記念日ジュエリー
カラット 0.63ct
素材 Pt900
価格 ¥380,000+税
リング幅 約5mm

ブランドコンセプト

img02

モニッケンダム社は、「原石に命を与える」をカッティングポリシーとしており、これは「原石の個性を最大に生かし、最高の輝きを作り出すこと」です。

◆ 創業、そしてイギリスへ移住 1890年、モニッケンダム社はルイ・モニッケンダムによりオランダ・アムステルダムにて創業しました。 アムステルダムは当時のダイヤモンド流通の中心地であり、モニッケンダムのカッティング技術は高く評価されました。1914年、アムステルダムにドイツ軍 侵攻が知らされた頃、モニッケンダム社はイギリスへの移住を決意しました。

img02-03

◆ 女王陛下のダイヤモンド 1948年、エリザベス女王のご結婚を祝してタンガニーカ(タンザニア)政府より贈られたダイヤモンド原石のカットを、モニッケンダム社が承りました。 見事なエメラルドカットに仕上げられたイヤリングは、花嫁の耳元で燦然と輝き、世界より称賛を受けました。また、現在の王冠にはモニッケンダム社がリカッ トしたダイヤモンドがセットされていますが、これはモニッケンダム社でなくてはできない仕事と評価され、世界中のジュエラーからも注目される存在となりま した。

img03

◆ 女王から英国産業賞を授与 1966年、モニッケンダム社はエリザベス情報から英国産業賞を授与されました。厳重な品質管理のもとに生産されるモニッケンダムのダイヤモンドは、全生 産量の90%を海外へ輸出しており、このイギリス経済への貢献が認められての栄誉です。 前社長のアーサー・B・モニッケンダムは、ロンドン商工会議所にダイヤモンド業界の代表として参加し、さらにヨーロッパのCIBJO(欧州13ヶ国の貴金 属連絡会議)のイギリス代表も務め、ダイヤモンド業界の発展に大きな力を発揮しました。

他のジュエリーを見る

  • 【IKEDA ORIGINAL イケダオリジナル】
  • 【MONNICKENDAM モニッケンダム】
  • 【Something Blue サムシングブルー】
  • 【MUSUBI 結び】
  • 【Pink Symphony ピンクシンフォニー】
  • 【Rauschmayer ラウシュマイヤー】
  • 【L’or ロル】
  • 【Ptau ピトー】
  • 【BLUERIVER ブルーリバー】
  • 【Siara シアラ】

婚約指輪のご成約特典

ご来店予約
  • アクセス
  • 資料請求・お問い合わせ

Page Top

Jeweller IKEDA

Copyright© 2014 池田商店 All Rights Reserved.