【はじめに】結婚指輪の選び方のポイント

結婚式のとき、二人で交換する結婚指輪。

そして、結婚した後も
ずっと身につけることになる結婚指輪。

たくさん種類があるのでどれを選ぼうか
迷うところだと思います。

ずっと身につけるものだから
あとで後悔せずに選びたいもの。

ここでは、イケダが考える
「結婚指輪の選び方のポイント」
をいくつかあげてみたいと思います。


【ポイント1】結婚指輪の意味を知る

結婚指輪は、結婚式や入籍した日に
二人で交換する指輪のこと。

ウェディングリング(Wedding Ring
またはマリッジリング(Marriage Ring)
と呼ばれています。

婚約指輪と結婚指輪を混同する方がいらっしゃいますが、
婚約指輪=婚約のとき男性から女性にプレゼントする愛の証
結婚指輪=結婚のとき二人で交換する指輪
となっております。

結婚指輪は、一般的に左手の薬指にはめます。

結婚指輪は左手の薬指につけるもので、
その人の左手の薬指をみたら
結婚しているかどうかわかることが多いです。

なぜ、結婚指輪は左手の薬指にするのでしょうか?

これにはいろいろな説ありますが、
一例をご紹介します。

昔から、左手の薬指は心臓に直結して、
神秘的な力があるといわれており、
結婚指輪をはめることで、
左手の薬指=心臓を守る、
肉体的なお守りとしての効果が
あると信じられておりました。

さらに、結婚指輪を二人で身につけることで
精神的にも二人で助け合っていこうという
心のお守り効果もあると思います。

結婚指輪の意味を考えると、
とってもロマンがあります!

【まとめ】
結婚指輪は、結婚式や入籍した日に
二人で交換する指輪のこと。
左手の薬指につけます。

二人で身につけることで精神的にも
二人で助け合っていこうという
心のお守り効果もあると思います。

 

【ポイント2】結婚指輪を実際にはめて、はめ心地を確認する。

結婚指輪のパンフレットの写真で見て
「これ素敵。」「いいなー」と思っても、
実際の結婚指輪の印象は違う場合があります。

写真は写真加工してあるものも多いので要注意。
実際に目で見て確かめることが大切です。

もちろん、結婚指輪をはめたときの、
見た目の印象やつけた感じも違います。

実物の結婚指輪をはめて指をグー、パーしたりして
動かしてみてください。

指にあたる部分はないか、
はめ心地の感触を確かめてみることも大切です。

また、専門のスタッフのアドバイスを
参考にするのも一つです。

【まとめ】
結婚指輪は実際に目で見て確かめること。
実物の結婚指輪をはめて、はめ心地の感触を
確かめてみることも大切です。



【ポイント3】結婚指輪と自分の手との相性を考える

まず自分の手をご覧ください。

結婚指輪と自分の手との相性を考えることで
ずっとつけていられる結婚指輪選びができます。

手のタイプ別に
相性のよい結婚指輪、
避けた方がいい結婚指輪を
あげてみました。

自分の手はどのタイプにあてはまるでしょう?

【太くて短い指タイプ】

手全体の可愛らしい印象を生かすため、
斜めのラインやV字ラインの結婚指輪が似合います。

また細みの結婚指輪は、指のボリュームが目立ってしまい
指の太さを強調してしまうので、避けたほうがいいでしょう。

幅広の結婚指輪も横のラインを強調してしまい、
指が太く見えてしまいますのであまりオススメはしません。

【太くて長い指タイプ】

太くて長い指は、大人っぽい印象があるので
個性的に装うことができます。

幅広の結婚指輪は、横のラインを強調して
バランスよく個性的になります。

が、可愛い感じや華奢な結婚指輪は
避けたほうがいいでしょう。

【細くて短い指タイプ】
【細くて長い指タイプ】

細い指の人は、さまざまなデザインを
楽しむことができます。

華奢な結婚指輪は、指のイメージに合います。

短いことを気にされるなら、
太くて短い指の同様のバランスを考えましょう。

手によっては、指の節があったりと人によっていろいろです。
専門のスタッフからアドバイスをうけることをおすすめします。

【まとめ】
結婚指輪は、ずっと身につけるもの。
だから手との相性を考えて選ぶことが
大切です。

【ポイント4】彼と同じデザインにこだわる必要はなし

結婚指輪は、ペアでデザインが作られていることがほとんどです。

通常お二人が結婚指輪を選ぶときは
ペアのデザインを選ぶことが多いです。

ですが、彼ががっしりした手をしていた場合、
彼女とペアの細身の結婚指輪をしたら、
手とのバランスが悪かった
ということがあったりします。

ずっとはめるものだから、
手に合った結婚指輪を選びたいもの。

同じ素材で2つ並べてみた感じが変でなければ、
デザインが多少違っていても、お互いの手に合った
結婚指輪を選ぶことをお勧めします。

【まとめ】
二人の手のタイプが違う時は
お互いの手に合った結婚指輪を
選ぶこと。

【ポイント5】結婚指輪のチェックは客観的に

結婚指輪を選ぶときは、どうしても夢中になってしまい、
あとから他の指輪にしておけば良かったかなと
後悔することがあるかもしれません。

チェックをするときは、
結婚指輪をはめた手を上からみたり、
目線の高さに上げてみるほか、
鏡に映して見ることをオススメします。

そうすることによって客観的に結婚指輪を
チェックできます。

もちろん専門のスタッフのアドバイスも
参考にしてみてください。

【まとめ】
結婚指輪を選ぶ時は、手を上から見たり、
鏡に映して見ること。

【ポイント6】結婚指輪の刻印はあらかじめ考えておく

結婚指輪の内側には刻印を入れます。

結婚式(または入籍日)の日付と
二人のイニシャルを入れることが多いです。
(通常刻印は無料です)

例「20XX年8月30日 E to M」
(20XX年8月30日 EさんからMさんへ)

二人の名前を入れるパターンあります。

例「TARO to HANAKO」
(太郎から花子へ)

また、二人の思い出のメッセージがあれば、
考えておくのもよいでしょう。

結婚指輪のブランドの中には
文字の種類、絵文字が選べますので、
こだわり派の方は、オンリーワンの刻印を
入れられると思います。

【まとめ】
結婚指輪の内側に刻印を入れるので、
お互いに納得のいく刻印を考えておくこと。

【ポイント7】結婚指輪のアフターケアをチェックする

ずっとつけることになる結婚指輪。

歳を重ねると、
指が太くなったり、細くなったりして、
指輪のサイズが合わなくなることがあります。

結婚指輪によっては、サイズ直しできるものと、
指輪ごと交換するものがあります。

サイズ直しが可能か。
指輪ごと交換するのか。
お店のスタッフに聞いて、
チェックしてみましょう。

【まとめ】
結婚指輪のサイズ直しなどについて
確認すること。


 

【おわりに】結婚指輪の選び方のポイント

最後まで、「結婚指輪の選び方のポイント」を
読んでいただきましてありがとうございました。

参考になりましたでしょうか?

イケダでは、一生安心してつけられる結婚指輪を
数多く取り揃えております。

そして、お二人の結婚指輪選びの
お手伝いができればと思っております。

もちろん、この選び方以外のアドバイスも
させていただいております。

お気軽にご相談ください。
スタッフ一同、お会いできることを
楽しみにしております。

◇ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◇
名古屋で結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージリング)、
ジュエリーのことならジュエラーイケダへご相談ください。
宝石・貴金属 池田商店
【住所】〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-5-13
【TEL】052-221-7411
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】火曜日
【ジュエリーショップ】https://www.ikeda-shouten.co.jp/
【ジュエリーリフォーム】https://www.ikeda-shouten.net/
◇ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◇